電池管理アプリで余分な電力消費をカット!

スマホを長持ちさせるためのちょっとした工夫

「最近、電池の持ちが悪くなった」そう感じることはありませんか? もしかしたら、それは気が付かないうちに動作しているアプリがメモリを圧迫し、消費電力を増やしているせいかもしれません。こうした状況を減らすために、スマホの使用状況を確認できるアプリをかしこく使いましょう。

スマホの電池を
長持ちさせるためには管理が重要!

スマホの電池を長持ち

スマホを使用する上で切っても切れないのが、電池の寿命の問題です。スマホに使われるリチウムイオン電池は、何度も充電することができて便利な一方、充電を繰り返すことで使える容量が低下することも知られています。また、電池への負荷が増えると、さまざまな不具合が生じ、充電トラブルに発展することがあります。つまり、お気に入りの機種を少しでも長く使うためには、こまめな電池の管理が必要になるのです。

スマホの電池を長持ちさせるコツとは?
電力消費を抑える使い方

スマホの電池を長持ちさせるコツ

では、具体的にどうすればスマホの電池を長持ちさせることができるのでしょうか。まず、リチウムイオン電池は熱に弱いことが知られています。真夏の炎天下で使用したり、高温の条件下にスマホ本体を放置したりするのは避けましょう。また、電池にやさしい使い方をするのも効果的です。簡単なのは、スマホの電力消費を減らすこと。ディスプレイの明るさを下げる、Wi-FiやBluetoothをオフにするなど、日頃から電力消費を意識した使い方をすれば◎。過去に使用したアプリがバックグラウンドで作動していると、電池を余計に消費してしまうので、こうしたアプリがないかをこまめにチェックして停止させていくことも重要です。 

Galaxy S6|S6 edgeならアプリでラクに解決!
「スマートマネージャー」を使うとなぜ電池が長持ちする?

スマホの電池管理を1つ1つ細かく行うのはなかなか難しいものです。そこで活用したいのがアプリ。スマホの機種によっては、あらかじめ電池やメモリの使用状況を確認できるアプリを搭載しているものがあります。たとえば、Galaxyシリーズの最新機種Galaxy S6|S6 edgeには、機種の電池やストレージ、RAM、セキュリティの状態を簡単にチェックできる「スマートマネージャー」というアプリが搭載されています。具体的な機能は以下の4つです。

電池の長持ちをラクに実現するGalaxyのプリインストールアプリ「スマートマネージャー」

・バッテリー
電池の残量を確認できるほか、充電時の充電時間の計算も可能。また省電力モードやウルトラ省電力モードへの切り替えもできるようになっている。
・RAM
現在のメモリの使用状況を確認できる。起動中のアプリが一覧で表示されるため、不要なアプリを終了させる際に役立つ。
・ストレージ
スマホに保存された不要なキャッシュやファイルなどを削除してストレージの空き容量を増やすことができる。
・端末の保護
有害なアプリなどからスマホを守るセキュリティ保護のための機能。端末をスキャンし、不正にシステムが変更されていないかをチェックできる。
このアプリをうまく活用すれば、スマホ内にある不要なファイルを一括で削除できることはもちろん、バックグラウンドで実行されているアプリを終了させ、スマホの電池消費を抑えることができ、「電池の長持ち」を実現できます。

設定ONにするだけで電池が長持ちする注目の機能!
 Galaxy S6|S6 edgeの「ウルトラ省電力モード」とは?

Galaxy独自の「ウルトラ省電力モード」

さらに電池を長持ちさせたい場合は、こうしたアプリと共にスマホの省電力モードを活用するといいでしょう。たとえば、Galaxy S6|S6 edgeは、設定をONにするだけで使用可能なアプリを「電話」「SMS」「ブラウザ」「メール」などに制限できる「ウルトラ省電力モード」を搭載しています。スマホ初心者でも迷わない簡単操作で「電池の長持ち」を実現できるほか、外出先で電池の残量が少なくなった、そんな緊急時にも役立ちます。残り10%の段階から丸一日電池を持続させることも可能なので、出張や海外旅行、アウトドアレジャーなどでもぜひ活用してみてください。

平石ミナ40歳 / セラミック・アーティスト

モチーフを写真に撮って、
それを見ながら描くことが多いので、
おくだけで充電できるのはすごく便利。
カメラの画質もすごいし、
もっともっと撮るしかないなと。

  • Galaxy S6 edge