スマホカメラでよりキレイな写真を撮る方法

ちょっとした工夫で写真がプロっぽくなる

内蔵カメラの高性能化やカメラアプリの充実により、スマホで撮影した写真をFacebookやInstagramなどのSNSに投稿する人が増えています。そこで今回は、スマホでより素敵な写真を撮るコツをご紹介します。

一眼レフ顔負けのスマホカメラ!

今や、憧れの一眼レフさえ顔負けするくらいの性能を誇るスマホカメラ。画素数が増えているだけでなく、手ブレを補正してくれたり、逆光でもキレイな写真が撮れるHDR機能搭載の機種も登場し、ますます便利になっています。自動で撮影シーンや被写体も判別してくれるので、ただシャッターを押すだけでキレイに撮れたり、色調補正フィルターの使用でスマホカメラとは思えないほどの雰囲気のある写真に仕上げることも可能になっています。 例えば、最新機種Galaxy S7 edgeでは、高級なデジタル一眼レフカメラでしか見られなかったデュアルピクセルのイメージセンサーを世界で初めて*スマホのカメラに採用。すべてのピクセルでピント合わせを行う超高速オートフォーカスで、撮りたい瞬間を逃しません。
*スマートフォンにおいて、デュアルピクセル技術(Dual Photodiodeセンサー)を搭載。2016年3月現在。

夜景や、淡い照明のお店の中で撮ると写真が暗くなってしまう。せっかく花火大会に来たのに花火をキレイに撮れない。そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。最新機種のGalaxy S7 edge、カメラの内側にも外側と同じF値1.7のレンズを搭載しているので、暗い場所でも明るく撮影することが可能です。 このF値1.7レンズを持つGalaxy S7 edgeのカメラは、カメラ専門の世界的な権威であるテスト機関、DxO Markによって、歴代最高点の評価を獲得しました。Galaxy S7 edgeの明るいF値1.7レンズと大きな1.4μmピクセルのイメージセンサーによって、まるで人間の目のようにフォーカスを合わせ、暗い場所でもはっきりとした写真撮影が可能になったのです。

光学式手ブレ補正

デュアルピクセル技術
(Dual Photodiodeセンサー)を搭載

リアルタイムなHDR

うす暗い場所でも明るく撮れる

より思い通りに撮るには、
「構図」がモノを言う。

こうしたスマホカメラの進化を前にすれば、よりキレイな写真を撮りたくなるのが人間の性というもの。そこで今回は、高性能なカメラを搭載したGalaxyの最新機種Galaxy S7 edgeを例に、スマホカメラでより美しい写真を撮るコツをご紹介します。まず、キレイな写真を撮るためには構図が大切。全体を撮るのか、ある部分に近寄るのか、縦位置なのか横位置なのかによって写真の雰囲気はまったく違ってきます。例えば料理の撮影をする場合、アルファベットのSやCをイメージして皿を縦に並べてみると、写真の雰囲気がガラリと変わります。また、風景を撮るときには、写真を縦横に三分割してその交点に被写体を置くと安定感のある写真に。

スマホカメラのグリッドラインをONにしておくだけでセンスある写真を撮影できます。次に背景に注目。せっかくの良い被写体も背景が汚くては絵になりません。中途半端な映り込みを避けるなど、背景をスッキリさせる工夫をしましょう。また、背景をぼかすというのも手です。例えばGalaxy S7 edgeに搭載されている「選択フォーカス」を利用すれば、撮影した後で「近景」「遠景」「パンフォーカス」とピント位置を切り替えられます。この機能をうまく使えば、スマホでもプロが撮った写真のようにぼけ味を楽しむこともできます。

光学式手ブレ補正

アルファベットのSやCをイメージして
皿を縦に並べる

リアルタイムなHDR

グリッドライン表示をONに

自撮りの腕をワンランクアップ!
Galaxy S7 edgeの多彩機能

料理や風景だけでなく、自撮りが気軽に楽しめるのもスマホカメラの魅力。でも、きちんと構図の中に収まらなかったり、画像が暗くてイライラした経験はありませんか? そこで意識したいのが、角度。自撮りの際のスマホのカメラ位置は斜め上がベスト。上目遣いになるので目がパッチリした印象になります。さらに口角を上げるとあごのラインが引き締まって見えますよ。そしてもうひとつ重要なのが、光。室内で撮る場合は照明との位置関係を変えてみるだけで肌が美しく見えます。スマホカメラの性能や機能を最大限活用できたらより理想的ですね。

さらに注目したいのが、インカメラに搭載された「自分撮りフラッシュ」。画面をフラッシュとして使用できる機能です。インカメラで撮影する時、画面にフラッシュの役割を持たせて、自撮りをより明るくキレイに撮影できます。この際、好みに合わせて照明や補正を加えられる「美顔モード」も活用しましょう。黒目を大きくしたり、肌の色合いを調整したり、輪郭を補正することができます。
ワイドセルフィーにも注目。大人数でセルフィーを撮る際にカメラを横に動かすことで、最大120度の自撮り撮影が可能になりました。これを使えば、誰かがはみ出してしまう心配もありません。

F値1.9の明るいレンズを搭載!

美顔モード

様々な撮影方法で自分撮りがさらに楽しく。

自分撮りフラッシュ

最新テクノロジーを駆使した
プロ顔負けの撮影をスマホで!

Galaxy S7 edgeには、ブレ補正機能が強化されたハイパーラプス(長時間撮影した映像を圧縮して短時間で見せるタイムラプス技法)を搭載! そしてさらに、広々とした風景を映し出すパノラマ撮影が可能な、「モーションパノラマ機能」が追加されました。この機能は、パノラマ撮影で動きのある写真が撮影出来るというもの。この機能で撮影すれば、あらゆるシーンでの被写体を活き活きと捉えることも可能です。スクリーンをスワイプするか横に振ることで簡単に再生できる点も便利です。 ※アウトカメラのみ対応しています。

モーションフォトでは、シャッターを押す3秒前から動画撮影ができ、さらに写真として保存したい瞬間を選ぶこともできます。
あなたにとっていちばん大切なシーンを、Galaxy S7 edgeで思いのままに残してみませんか。