突然訪れる充電トラブルを回避しよう!

スマホが故障するその前に

スマホのトラブルのうち、最もポピュラーなもののひとつが充電トラブル。充電していたはずなのにできていない、充電ランプが点灯しない…。こうしたトラブルが発生した場合の対処法や、トラブルを未然に防ぐための対策についてご紹介します。

スマホの充電トラブルで疑いたい
“3つ”の故障箇所

充電トラブルが多い故障箇所

スマホユーザーにとって、充電のトラブルは悩ましい問題です。そこで今回は充電のトラブルに遭っても慌てず対処するための方法をご紹介します。スマホの充電トラブルが発生した場合に考えられる故障箇所は大きく分けて3つ。ACアダプタ、充電ケーブル、そしてスマホ本体です。まずは、ACアダプタに触れて異常な発熱がないかを確認してみましょう。問題なければ、次に充電ケーブルを疑ってみます。充電ケーブルは、内部で断線していても外からはわからないため、他の端末でも充電できるか確認してみるのが一番の方法です。もしここで何の原因も見つけられない時は、スマホ本体の故障が考えられます。バッテリーに問題がある場合は、スマホ本体が異常な発熱をしていることがあるので触れて確かめてみましょう。また、ケーブルのコネクタ口も故障しやすい場所のひとつなので、破損がないかチェックしてみてください。

充電トラブルにつながるNGな利用方法とは?
スマホ本体のバッテリー性能を活かせないことも…

充電トラブル画像

充電トラブルを防ぐためには、充電の仕組みを理解することが必要です。まず、スマホのACアダプタは種類によって出力できるアンペア(出力する電流の値)に違いがあることはご存じですか? 出力電流が低ければ充電に時間がかかり、逆に高すぎると故障の原因になります。つまり、お使いのスマホに適したACアダプタを使わなければ、バッテリー性能を十分に活かすことができないのです。たとえば、Galaxy S6|S6 edgeは急速充電に対応していますが、ACアダプタの出力がそれより低い場合には十分なスピードが出ません。特に、過去にお使いだった端末のACアダプタを再利用する、携帯キャリア以外の市販品を利用するといった場合は、ACアダプタの本体裏側などに記載されているDC5.0V 1.8Aなどの「定格出力」が適しているか確認しましょう。

充電ケーブルの煩わしさから解放されてスッキリ!
Galaxy S6|S6 edgeのワイヤレス充電

Galaxy S6|S6 edgeのワイヤレス充電

大きな充電トラブルに巻き込まれなくても、日々行う「充電」という行為自体にストレスを感じている人もいるでしょう。会社や学校から疲れて帰宅した時にスマホ本体に充電ケーブルをつなぐ手間や、充電中に電話が来てすぐにケーブルのコネクタが抜けないなど…。そんな方におすすめなのが、Galaxy S6|S6 edgeなどのワイヤレス充電に対応したスマホ。一番の利点は、充電台の上に置くだけで充電できるので、充電ケーブルの煩わしさやコネクタの抜き差しから解放されることです。帰宅時や寝る前に充電台の上に置くだけで手軽に充電できるほか、常に充電台の上に置く習慣を付ければ、すき間時間を使ってこまめに充電することができます。 ちなみに、Galaxy S6|S6 edgeは別売りのWireless Chargerを利用すれば、約180分で100%の充電が可能です。

バッテリーへの負荷を減らして長持ちへ!
バッテリー消費の激しいアプリに気をつけよう

機能を限定して手軽に省エネできる「ウルトラ省電力モード」

いつでもどこでも持ち歩けるスマホはとても便利。だからこそ、充電していたはずなのにできていないなどの充電トラブルのダメージは大きなものになります。スマホを快適かつ安心して使うためには、充電トラブル時の原因解明の方法を知っておくだけでなく、スマホの動力源となるバッテリーや頭脳となるICチップに大きな負荷をかけない使い方も覚えておく必要があります。たとえば、スマホのスリープ中でもバッテリーを大きく消費するアプリをバックグラウンドで起動させないようにする、不要なプッシュ通知をオフにする、アプリの位置情報機能をオフにするなど、ちょっとした工夫でもスマホ本体にかかる負荷は減らすことができます。定期的に設定を見直す、新しいアプリを追加した際に負荷の少ない設定にするなど、日々の利用でそうした点を心がければ、スマホの長持ちにもつながるでしょう。

平石ミナ40歳 / セラミック・アーティスト

モチーフを写真に撮って、
それを見ながら描くことが多いので、
おくだけで充電できるのはすごく便利。
カメラの画質もすごいし、
もっともっと撮るしかないなと。

  • Galaxy S6 edge