スマホで良い音を聞くためには?

スマホと音楽の進化する関係

かつて別々の存在だった携帯電話とポータブル音楽プレーヤー。しかしスマホの登場と進化によって、多くのユーザーがスマホで音楽を聞くことがあたりまえの時代になりました。最近では、より高音質で音楽を楽しめる「ハイレゾ音源」を再生できるスマホも登場して話題になっています。

ポータブル音楽プレーヤーの
主役はスマホ!

スマホで音楽を聞く

いつしかポータブル音楽プレーヤーと同等レベルのスペックを持つまでに至ったスマホ。最近では、若い世代のみならず、スマホで音楽を聞く人が増えています。それに伴い、音楽を入手する選択肢も増えました。パソコンからスマホに音楽を取り込む従来の方法以外に、各音楽配信サイトから直接ダウンロードしたり、アプリを介して聞いたり、その人のスタイルにあわせて自由に音楽を楽しめる環境が整いつつあります。また、最近よく耳にする「ハイレゾ音源」の登場で、高音質を求めるユーザーの間でもスマホで音楽を聞くことへの期待がより高まっています。

スマホで聞ける音のクオリティ、
ついにここまで来た!

スマホでライブ音源のような臨場感

ところで、ハイレゾ音源の登場によりスマホで聞ける音はどう変わるのでしょう?ハイレゾに対応するGalaxyの最新機種 Galaxy S6|S6 edgeを例にご紹介します。ハイレゾ音源の特長は、音の繊細さや奥行き、臨場感を表現できること。それを可能にするのが、CDの約3倍〜6.5倍とも言われる“音の情報量”です。これにより、イヤホンで音楽を聞く時でも音に包まれるような豊かな体験が生まれます。実は、スマホで利用されることの多い MP3 音源は、データを軽くするために一部の音がカットされています。そのため、高音質を求めるユーザーはこれまで十分な満足が得られなかったと言われます。ところが、Galaxy S6|S6 edge のように 32GB/64GB もの容量があれば、データの大きさを気にする必要はありません。スマホ本体の大容量化は、ハイレゾなど高音質な音源を気軽に、たくさん持ち歩くことも可能にしました。

ハイレゾ対応概念図イメージ アーティストが伝えたかったリアルな音や空気感が細部まで表現できるようになる!

音源のみならず、本来の音楽性能も
進化したGalaxy S6 | S6 edge

進化したのは音源だけではありません。一部の機種では、スマホ本体も音楽を再現する能力を向上させています。たとえば、Galaxy S6|S6 edge には株式会社 JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメントが開発した「K2HDプロセッシング」が搭載され、通常品質の音源を擬似的にハイレゾのような音で楽しむことができます。また、イコライザーを周波数帯ごとに調整できる「SoundAlive+」機能をオンにすれば、より細かな音の調整も可能です。これまでに手に入れた通常音源の楽曲も、ハイレゾ音源のように楽しむことができるので、高音質な音源を買い直す必要もありません。

さらに、Galaxy S6|S6 edgeの「Adapt Sound」機能は利用するユーザーの耳に合わせて聞きやすい音質にチューニングしてくれます。本来、スマホでハイレゾ音源を最大限に楽しむためには対応したイヤホンやヘッドフォンが必要ですが、この機能をうまく活用すれば専用イヤホンを購入することなく、手軽に高音質な音楽を楽しむ環境を手に入れることができるでしょう。

Galaxy S6|S6 edgeで
自分好みに音楽を楽しむ

Galaxy S6|S6 edge には、「SoundAlive+」機能や「真空管アンプ」といったエフェクトがあり、豊かな音の広がりを楽しむことができます。臨場感あふれる音で聞きたいときは「SoundAlive+」にプリセットされた“コンサート”を選ぶ、アナログオーディオのようなソフトな音で聞きたいときは「真空管アンプ」を ON にするといった簡単な使い方から、イコライザーを自分好みにカスタマイズするなど、ユーザーの好みににあわせて楽しみ方も自由自在です。

こうした機能が 搭載されているのも Galaxy S6|S6 edge の特徴といえます。また、これらの機能は、「ミュージック」アプリで音楽を聞くときはもちろん、「YouTube」などの動画やワンセグ、フルセグを視聴するときにも利用できます。これから先、スマホと音楽の関係がより進化すれば、さらに豊かな音楽体験を得られる時代がくるはず。音楽ファンにとってはますます期待が膨らみますね。

立川笑二25歳 / 落語家

音質がまろやかというか、
奥ゆきを感じますね。

  • Galaxy S6 edge