portrait of Dr. Kinam Kim; Device Solutions Division President & CEO

Dr. Kinam Kim, Vice Chairman & CEO

デバイスソリューション部門

Dr. Kinam Kimはメモリー、システムLSIやファウンドリ事業部のグローバルオペレーションを司るサムスン電子デバイスソリューション部門の最高責任者です

Dr. Kimのリーダーシップの下で、サムスンのメモリー事業は10年以上渡りDRAM、NANDフラッシュ、ソリッドステートドライブ(SSD)における業界初の製品でテクノロジーリーダーシップと世界におけるトップシェアを維持し続けています。サムスンのシステムLSI事業も幅広いアプリケーションに対応するディスプレイドライバーICやCMOSイメージセンサー、モデムチップセット、アプリケーションプロセッサー(AP)のようなロジックIC製品において卓越性を示しています。さらに、新設されたファウンドリ事業は10nm FinFETプロセステクノロジーと14㎚と業界初の高誘電率金属ゲート(HKMG)トランジスタ、高周波(RF)デバイスのような特殊テクノロジーや高度なロジックプロセスにおけるリーダーにもなりました。Dr. Kimの貢献やリーダーシップ、そして戦略ビジョンは、サムスンが半導体業界におけるテクノロジーリーダーになる道を開きました。

Dr. Kimは1981年に入社してから35年以上サムスンの成長を推進してきました。半導体業界だけでなく、先端材料やカーボンナノチューブやグラフェン、クアンタムドットなどの業界においても最先端技術開発を指揮し、サムスン総合技術研究所、サムスンディスプレイ株式会社の社長やCEOなどを歴任してきました。

Dr. Kimは130以上の特許を持ち、ネイチャーアンドサイエンスの幾つかの論文も含め、学術ジャーナルに480以上の技術論文を発表しました。また韓国国立工学アカデミーのボードメンバー、電気電子技術者協会会員、アメリカ国立工学アカデミーのメンバーでもあります。

半導体業界に対する貢献が認められ、2016年には"Flash Memory Summit Lifetime Achievement Award" 2017年 "IMEC Lifetime Achievement Award" 2019年 "The Korea Science & Technology Award"を受賞しています。

Dr. Kimは1981年にソウル国立大学にて電気工学の学士号、1983年に韓国科学技術院(KAIST)にて電気工学修士号、そして1994年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校にて電気工学の博士号を取得しました。

portrait of Dr. Jungbae Lee; Device Solutions Division President & General Manager

Dr. Jungbae Lee, President & GM

デバイスソリューション部門、メモリー事業部

Dr. Jungbae Leeは、サムスン電子デバイスソリューション部門メモリー事業部の最高責任者である事業部長です。

Dr. Leeは、DRAM 技術に精通しており、設計チームでは様々なDRAM製品、特にDDR、DDR2、DDR3、GDDR、LPDDR2、LPDDR3の開発に携わり、2011年には、DRAM技術進歩の加速への貢献が認められ、副社長兼設計チーム責任者に就任しました。

2013年から2017年までの製品計画チーム上級副社長在任期間中には、サムスンの最先端技術を戦略的に導入し、3D-NANDやHBM(高帯域幅メモリ)などの製品を開発しました。

上記以外にも、メモリービジネスの品質保証部門のエグゼクティブVPを務め、メモリービジネスの社長兼ゼネラルマネージャー就任以前からDRAM製品および技術開発を担当しました。

Dr. Leeはソウル国立大学にて電気工学学士号、修士号および博士号を取得しました。

portrait of Dr. Inyup Kang; System LSI Business President & General Manager

Dr. Inyup Kang, President & GM

デバイスソリューション部門、システムLSI事業部

Dr. Inyup Kangはサムスン電子のデバイスソリューション部門システムLSI事業部の最高責任者である事業部長です。

2017年のシステムLSI事業部長就任前には、多くの研究開発チームを社内外にて率いてきました。1996年から2009年までは米国Qualcommでセルラーモデムの開発を主導し、2010年にサムスン電子に入社、セルラーベースバンド/RFチップセットの研究開発および商品化を実現しました。また、モデムや関連するワイヤレスコミュニケーションテクノロジーに対する卓越した見識と経験により数々の革新的な製品の開発を成功させ、サムスンのシステムLSI事業部はモバイル業界におけるキープレイヤーとなりました。

Dr. KangはシステムLSI事業のゼネラルマネージャーとして、システムオンチップ、イメージセンサー、ディスプレイソリューション、パワーIC、セキュリティソリューションの市場で業界トップとしての地位を確立し、業界初の商用5Gモデム、AI対応モバイルプロセッサ、初の0.7μmおよび0.8μm 108Mp CMOSイメージセンサーなど革新的なソリューションの開発を手がけ、サムスンのシステムLSIビジネスの成長に貢献しました。

IEEEフェローおよび National Academy of Engineering of Korea(韓国技術アカデミー)のメンバーであり、2019年には“The Gold Tower Order of Industrial Service Merit”を受賞しています。

Dr. Kangは、1985年にソウル大学にて電気工学の学士号、1987年に修士号、1996年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校にて電気工学の博士号を取得しました。

portrait of Dr. Siyoung Choi; Foundry Business President & General Manager

Dr. Siyoung Choi, President & GM

デバイスソリューション部門、ファウンドリ事業部

Dr. Siyoung Choiは、Samsung Electronics のデバイスソリューション部門ファウンドリ事業部の最高責任者である事業部長です。

Dr. Choiは、2017年より事業部長就任まで、製造技術センターの責任者として世界最大の半導体製造クラスターの設立を主導、また製造システムの革新を担い、運用効率の強化と技術競争力の最大化に尽力しました。

1995年にサムスン電子入社以来、メモリーおよびロジックIC分野において次世代プロセス技術を研究開発する極めて重要な役割を果たし、半導体市場でのトップとしての地位を強化してきました。また14nm/10 nm FinFETプロセス技術で業界初のSoC開発を成功に導きました。

学術雑誌に100以上の技術論文も寄稿し、100以上の米国特許を保有しています。また、VLSI、ITRS、IMECなど、複数の技術委員会のメンバーでもあります。

Dr. Choiは、1986年に延世大学にて材料科学学士、1988年同大学にて修士号、1994年にオハイオ州立大学で材料科学および工学博士を取得しました。